这是一条死咸鱼

『十三年系列』车祸·伞哥视角【伞修】

※十三年系列是原文背景下的脑补妄想短篇集

※十三年为2012年夏(叶修十五岁遇见苏沐秋)至2025年夏(叶修二十八岁第十赛季接受)

※片段随笔

※ 多cp. 腐向 暧昧向

※全是私设

※ooc 慎

—本篇—

※看了几个伞修手书被虐哭后的产物

※虐 慎入

※伞哥视角 通篇心理思维

※2015夏 伞修

“沐秋!这里!这里!”

苏沐秋顺着声音望去,看见叶修正在马路对面对他招手,笑得傻乎乎的。他不自觉也绽开一个微笑,悄悄将盒子塞回衣兜,冲向对面那人。

“你怎么过来……”

“小心!”

“吱!————”

“轰!”

“苏…”

“苏沐秋!!!————”

……

……

『唔…好痛……』

『看不太清…这是……叶修?』

『哈!怎么那副表情?』

『发生什么了?』

『好痛!』

『好像是……车祸?』

『……』

『哈哈…什么鬼……』

『喂,叶修,不要喊的那么大声,我听的见。』

『别哭,难看死了。』

『等等、你给谁打电话呢?别让沐橙知道啊……』

『是医院啊……』

『叶修,看我,看我。』

『别问了!我真的说不出话来!』

『笨死你了,看我手势嘛!』

『那边那个…闪着银光的。』

『对对对!就是那个,你终于看见了。』

『收好啊,花了不少钱买的,怎么样,好看吧?』

『……可惜没办法亲手送给你了。』

『喂喂!』

『都说了不要哭啊!』

『你这个样子……我也很难受的。』

『好痛……』

『不行…意识好模糊……』

……

……

『麻醉?我现在在手术室吗?』

『但愿医药费不会太贵。』

『话说这个医生长得好像丧尸贝利啊。』

『唔…头开始晕了……』

『我还能醒过来吗?』

……

……

『嘶——什么破麻醉啊好痛!』

『诶?我醒过来了?』

『等等叶修你不要扑过来啊!』

『怎么又不敢上前了,怕伤着哥啊?』

『看看你那个畏畏缩缩的样子,真不像我认识的叶修!』

『怎么了?』

『怎么不说话?』

『还在危险中,不一定能挺得过去?』

『……哦。』

『傻小子!我当然能挺过去!』

『来来来,我问你……』

『我是让你过来,不是要水啊。』

『你真是……笨啊!』

『哎……』

『没了我你这么笨可怎么办啊……』

『呸呸呸!晦气晦气,本大爷怎么可能挺不过去!』

『头低一点,我没那么大力气说话。』

『很好,沐橙还不知道。』

『嗯。』

『嗯。』

『嗯。』

『诶呦乖乖你安静会儿吧!用不着自责!』

『来…摸摸头,去睡吧。』

『诶诶诶——放手!快放手!』

『亲什么亲!要亲也亲嘴啊!』

『对了……还有呼吸机呢。』

『别试了,那是按你的尺寸买的,我套不进去。』

『说真的,别闹,送你的戒指,给我戴干什么?』

『收好它,我要是不在了,好歹也是个念想不是吗?』

『我说什么呢!我才不会死的!』

『我……』

『不想死啊……』

『越来越疼了……』

『上不来气……』

『身体好像破了一样……』

『有什么在翻涌……』

『好恶心好想吐……』

『坚持住……』

『医生说过了今晚就没事了对不对?』

『所以不过区区一夜……为了你和沐橙完全不在话下嘛!』

『所以……』

『……』

……

……

『刚才我是晕过去了?』

『现在几点了?』

『两点半……叶修你怎么还不去睡!』

『你难道不知道自己是一熬夜就有黑眼圈的类型吗?太丑了我可不会要你。』

『算了,你睡不着就留下吧。』

『我也不想睡。』

『再让我多看你一会儿……』

『你的手…很温暖。』

『别抽手啊,让我……』

『我们上一次十指相扣是什么时候?』

『啊…对了,这是第一次……』

『挺美好的,不是吗?』

『喂…你怎么又要哭,我的笑容有那么丑吗?』

『来…抬起头……』

『对,我认识的叶修很坚强的,这么泪眼婆娑不适合的。』

『怎么眼泪越摸越多……叶修,我可能擦不过来了哦。』

『我可能……』

『好吧,你自己擦。』

『这笑容……还真是丑爆了。』

『胸好闷……』

『叶修,我真的好难受。』

『你是不是也这么难受?』

……

……

『三点了。』

『再过三个小时就可以度过危险期了吧……』

『诶呀妈呀!你这么直愣愣的看着我好吓人的!』

『不是我说你啊……你也没必要……』

『好吧,其实我也担心看不见你了。』

『你爱咋折腾咋折腾吧,等我好了一定改了你熬夜的习惯。』

『……这么安静可不像你啊。』

『难道没有什么要对我说的吗?』

『我可是有很多想对你说的话呢!』

『比如大晚上的你怎么跑出来了留沐橙一个人在家万一出事怎么办啊!还有这医药费要多少啊,听说黑医生死多漫天要价,咱家可穷了,实在不行出院吧。对了嘉世的合同还没签吧,让我研究研究好好敲陶轩那小子一笔。话说今天晚上嘉王朝好像要冲十级没了咱俩行不行啊……』

『……这些,都说不出来了。』

『……』

『叶修啊…别这么看着我……』

『我会活下来的,我会的,一定会……』

『一定……』

……

……

『我!才!不!会!死!』

『呼——』

『呃……』

『……总是不知不觉就睡着了啊哈哈。』

『已经三点半了。』

『叶修,看什么呢?』

『在数秒针啊。』

『哈哈,那多无聊啊……』

『……』

『不疼吗?』

『那样掰自己的手指,不疼吗?』

『很疼吧。』

『不要隐藏,我从你的表情中看出来了。』

『……』

『啧。』

『你这样还不如哭呢。』

『……』

『叶修,如果……我是说如果……』

『如果我真的死了,你记得要帮我照顾好沐橙啊。』

『还有要拿个冠军回来。』

『别总是熬夜。』

『别抽烟,我之前看见你藏烟了。』

『酒…反正你也不会碰酒。』

『成为职业选手后作息要规律起来。』

『多出去转转,别成天宅家里,注意身体健康。』

『秋木苏就拜托你了,一叶之秋还需要他(注)。』

『还有什么来着?』

『对了,咱家穷,随便把我火化扔湖里拉倒了,别多花钱。』

『还有陶轩这个人啊……人还不错就是功利心重,你太纯粹了,要提防着点。』

『嘴巴别那么毒,不是每个人都忍的下来,以后没了我被人打了怎么办?』

『而且…多依赖身边的人,不要总想着一个人往前冲。』

『一个人猛冲会很累的。』

『你这家伙纯的要死,也不会什么待人处事,真是,怎么能让我放心的下。』

『要是我在你还能收敛点,我要不在你肯定要我行我素的任性下去。』

『所以我怎么可能放心离开呢?』

『我…我真的……真的真的……』

『我真的舍不得你啊!!!』

……

……

『脑袋…好胀……』

『叶修,你在吗?我看不清楚。』

『也不知道现在几点了。』

『我好像……挺不过去了。』

『这是……你的手?』

『好烫。』

『也对,是我的手太冷了。』

『……』

『叶修,对不起。』

『没办法在陪你走下去了。』

『对不起让你经历了这种事。』

『很害怕吧,你在发抖。』

『叶修,我看不见你了。』

『叶修,你在喊我吗?』

『抱歉啊,我听不清,也无法做出回应。』

『叶修!叶修!叶修!』

『你冷静点!』

『你冷静点……天下没有不散的宴席,只不过我们结束的比较突然罢了。』

『你的人生才刚刚开始,没有什么过不去的。』

『我不是说过,只不过是从头再来罢了?』

『你这么坚强,未来不需要我也能走的很辉煌。』

『而我……会一直陪在你身边的。』

『我会永远活在你的荣耀里。』

『所以,你只要继续下去,继续往前走。』

『来,叶修,放开我。』

『你的眼泪全流到我身上了。』

『来,叶修,离开吧。』

『我不想你看见我死亡的过程。』

『叶修……』

『咳咳咳咳咳……』

……

……

『好痛苦…好难受……』

『除了疼痛感什么也感受不到了呢。』

『世界…好像就只剩下我一个人了。』

『哈哈…原来真的有走马灯这一说啊。』

『但为什么画面里只有叶修呢?』

『嗯…这是第一次见面连赢我N把的画面。』

『这是下厨把厨房炸了的那次。』

『这是…哦,抢泡面啊,天天发生。』

『这是被仇家寻过来…噗——明明是个战五渣还敢挑衅叶修你还行不行了。』

『哦哦,这回是问他要不要拿冠军后在一起的那次,到现在也没有给我答案。』

『不过…已经无所谓了。』

『嗯,我生日那天和他抱了好久。』

『对,他生日那天我偷偷亲了一下。』

『诶呀,被沐橙看见了,现在想想还是好耻啊!』

『还有……嗯,今天……不,昨天去买戒指。』

『没了呢。』

『没了呢……』

『没有了,到这里,我和叶修的所有、的一切都结束了……』

『想象中的未来全部都……』

『没有了。』

『……真不甘心。』

『……』

『我不甘心啊!』

『为什么!凭什么!这算什么!』

『我才和他认识三年啊!我的人生才刚刚开始啊!我的未来明明触手可及很美好啊!我明明还想拿到冠军!我明明还想看见妹妹长大成人!我明明还想要三个人一直一直在一起!』

『凭什么!凭什么!凭什么!』

『明明』

『心脏跳的好快……』

『我』

『耳朵在轰鸣……』

『是那么的』

『氧气进不来了……』

『想要』

『血液叫嚣着想涌出来……』

『活着!』

『什么都感受不到了……』

……

……

『这是谁?』

『这个人的面孔充斥在我脑海中。』

『他一定对我很重要。』

『但是我不记得他是谁了。』

『我又是谁?』

『什么都不知道了,好困……』

『好困、好困、可是我不想睡啊!我不想睡!但是好困!好困!啊啊啊啊啊!好痛苦!什么都不知道了!好困!不想睡!他是谁啊!好困!我是谁!不想睡!啊啊啊啊啊——』

『他是…我是……』

『我……』

『我是苏沐秋!』

『叶修!』

『我是苏沐秋!』

『叶修!我不想离开!』

『叶修!我!是!苏沐秋!』

『苏沐秋!爱!叶修!』

……

“嘀、嘀、嘀、嘀、嘀、嘀……”

……

『我爱你……』

……

“嘀——————”

“苏、”

“苏沐秋啊啊啊啊啊!————”

——————

注:见『账号卡拟人二十六字母D篇』苏沐秋能看见账号卡,秋木苏和一叶之秋是一对。

最后伞哥精神混乱了。


评论(1)
热度(29)
© 奈渐 | Powered by LOFTER